Windows Officeデータ印刷サービス

Officeデータ印刷とは、Word・ExcelなどのOffice系アプリケーションで作られたデータを、印刷入稿に適したデータに変換し、美しい印刷物に仕上げるサービスです。片面・両面のチラシ、ポスター、冊子・・・いずれも対応OK!

簡易お見積りフォーム

コース間・枚数間の商品価格をカンタンに計算できます!

簡易お見積りへGO!

年賀状 (2019年 亥年) new ! 無線綴じカラー冊子 new ! 卓上POP 各種カレンダー new ! 当日コース 上質180Kg 選挙用ポスター・ユポ チラシ 上質紙 ポスター 厚物 モノクロチラシ 名刺・ショップカード ハガキ・大判ハガキ カラー折りパンフレット カラー冊子(中綴じ) クリアニス・PP・名刺・ハガキ パッケージ印刷 new ! 包装紙 おすすめ 薄紙大部数チラシ おすすめ ポケットフォルダー
Officeデータ印刷サービス

Officeデータの印刷も、こがわにお任せください!

株式会社こがわでは、Word・Excel・PowerPointなどのOffice系ソフトで作られたデータを美しい印刷物に仕上げる「Officeデータ印刷サービス」を行なっております。

多くのパソコンにインストールされているOffice系ソフトで制作したデータをそのまま活用して印刷物を作成したい!というお客様のニーズにお応えいたしました。

美しい印刷物でのチラシやポスター、メニュー作成、冊子の作成はOfficeデータ印刷をぜひご利用くださいませ。

デザインの企画・制作も承っております(有料サービス)。料金は製作内容によって異なりますので、お問合せください。

このようなお悩みに対応いたします!

  • デザイン専門ソフト(IllustratorやPhotoshop)がない
  • Word、Excelなどで作成したOfficeデータを印刷会社に持ち込んだが断られた
  • 数量を多く印刷したいがコストがかかる
  • 社内のプリンター出力だと品質的に満足できない、もっとキレイに印刷したい
  • 作りたい内容は決まっているが、デザインレイアウトが上手く出来ない

Officeデータ印刷サービス対応の主な商品について

Officeデータ印刷サービスに対応している主な商品は、

  • チラシ(片面・両面)
  • ポスター
  • 冊子
  • 申込書
  • そのほか各種書類
となっております。これ以外の商品については、お問い合わせください。

ご入稿可能なOfficeデータについて

Officeデータ印刷サービスに対応しているアプリケーションは、
Windows 版のMicrosoft Office(ワード・パワーポイント・エクセル・パブリッシャー)・一太郎・花子です。

アプリケーション名 対応可能バージョン 保存形式(拡張子)
ワード(Word) ワード(Word) 2003・2007・2010・2013 doc・docx
パワーポイント(Powerpoint) パワーポイント(Powerpoint) 2003・2007・2010・2013 ppt・pptx
エクセル(Excel) エクセル(Excel ※) 2003・2007・2010・2013 xls・xlsx
エクセル(Excel) パブリッシャー(Publisher) 2010・2013 pub
一太郎 一太郎 2016 jtd
花子 花子 2016 jhd

※Excelでは画面表示と印刷プレビューの表示が大きく異なる場合があります。「ページ設定」にて印刷範囲を調節し、必ず「印刷プレビュー」で体裁をご確認ください。

ご注意ください

以下の場合はOfficeデータ印刷をご利用いただけません。お客様ご自身でPDFに変換したのちご入稿ください

  • Macintosh 版のオフィス系ソフトをご利用の場合
  • Microsoft社以外のOffice(Open Office、KINGSOFT Office等)をご利用の場合

Officeデータ入稿における注意事項

Officeデータ変換時に起こりうる体裁の崩れについて

Office系アプリケーションは本来、印刷用データを作成する為に作られたソフトではありません。

当社では専用のデータ変換ソフトを用いて印刷の入稿に適したデータに変換を行うサービスを行っておりますが、データ変換の結果、お客様のイメージ通りにデータが変換されないことがあります。

ご注意ください

  • 必ず参考となる見本(スクリーンショットの画像もしくは変換したPDFファイル)を付けて下さい。
    ※特にパワーポイントは変換時に文字化けする可能性が高いため、必ず見本を付けてください。
  • 当社にて変換・作成した印刷用データについて、基本的にはお客様にご確認いただいておりません)。

RGB(モニターの色)とCMYK(印刷物の色)の違い

Office系ソフトのカラー設定はRGBですが、 印刷に使われるカラー設定はCMYKです。

当社にてOfficeデータ変換の際、Office系ソフトのカラー設定(RGB)は自動的に印刷用データに使用するカラー設定(CMYK)に変更されます。
変換処理の際、CMYKとRGBの仕様の違いから、色味が色が変わってしまいます。
色味の調整を変換時に行う事はいたしかねますので、その点をあらかじめご了解いただけるものとして進めさせていただきます。

【データ変換による色味変化のイメージ1】

RGB(モニターの色)とCMYK(印刷物の色)の違い1

【データ変換による色味変化のイメージ2】

RGB(モニターの色)とCMYK(印刷物の色)の違い2

当社ではモノクロ(グレースケール)への変換作業は行いません。

黒・グレーにてデータを作成していただくか、作成後にお客様ご自身でグレースケールに変換してご入稿ください。(※ 画像・ワードアートと文字は別々に変換が必要です)

変換によって、色のイメージが大きく変わってしまう場合がありますので、ご注意ください
変換によって、色のイメージが大きく変わってしまう場合がありますので、ご注意ください。

  • 淡い色で作成されたものは見えにくくなる
  • 変換前は識別できていても、変換によって色が同化してしまう
  • 違う色でも、濃淡が似ていると、変換後に区別できなくなる

ご注意ください

※モノクロ印刷をご希望の場合、データにカラーが入っていると、データ不備となり印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

まずは当社の対応フォント一覧をご確認いただき、当社対応フォントを使用していないかご確認ください。

当社で対応していないフォントをご使用の場合、自動で異なるフォントに置き換わってしまいます。

当社で対応していないフォントをご使用の場合、自動で異なるフォントに置き換わります

その際、文字間やフォントサイズが変わる場合もあるため、レイアウトが崩れる・文章が切れる等のトラブルが起こる場合がございます。

つきましては、必ず当社対応フォント以外のフォントを使用していないかご確認の上で、データを作成してください。

また、「旧字」・「外字」は正しく出力する事ができません。「旧字」・「外字」は使用されないようお願いいたします。

特殊効果については正常に変換処理が行われない場合があるため、使用しないことをおすすめします。

以下の各効果を使用されている場合は、当社データチェック対象外とさせて頂きます。
※ ご使用されている場合はお客様の意図しない仕上がりになる事にご了承をいただいているものとして進めさせていただきます。

透過(半透明)処理について
細かい網目模様などに変換されてしまう場合があります。
パターン効果
実際の印刷物ではパターン表示が画面上より細かくなってしまう場合があります。
ワードアート
使用した文字の一部が欠けたり、表示が汚くなったりしてしまう場合があります。
影・ぼかし・透かし
白い線や白い点々やジャギー等で、表示が汚くなってしまう場合があります。
そのほか
「影の設定」「塗りつぶし効果」「グラデーション」も、正常に変換処理が行われない場合があるため、できるだけ使用しないことをおすすめします。

塗り足しとは?

「塗り足し」は紙の端まで印刷(フチ無し印刷)をしたい場合に必要です。

塗り足しとは、仕上がりのサイズよりも外にある、裁ち落とされる部分のことをいいます。

フチ無し印刷をご希望の場合、仕上がりサイズよりデータを上下左右3mmずつ大きくデータを作成してください。

白いフチが出ても構わない場合、塗り足しは必要ありません。

文字切れとは?

「文字切れ」とは、仕上がり線ギリギリに配置された文字が切れてしまう事です。
レイアウトの端ギリギリに配置されている文字やオブジェクトは、欠けた状態で仕上がってしまう場合があります。 これが、文字切れです。
切れてはいけない重要な文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。

Wordでのサイズ設定

  • バージョン2003以前なら、「ファイル」 → 「ページ設定」
  • バージョン2007以降なら、「ページレイアウト」 → 「サイズ」 → 「その他の用紙サイズ」

用紙の設定

用紙の幅と高さは、仕上がりサイズに6mm足したサイズに設定してください。

例)A4サイズの場合(仕上がりサイズ:210×297mm)
幅 :210mmに左右3mmづつ計6mm足したサイズ → 216mm
高さ:297mmに上下3mmづつ計6mm足したサイズ → 303mm

余白の設定

上下左右の余白を3mmに設定してください。

余白の3mmは塗り足しとなり、断裁時に切り落とされます。

仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。

Excelでのサイズ設定

Excelでは塗り足しのあるデータを作ることができません。

塗り足しが必要な場合、Excelではなく、PowerPointやWord、またはAdobe系のデザインソフトで作成してください。

PowerPointでのサイズ設定

  • バージョン2003以前なら、「ファイル」→「ページ設定」
  • バージョン2007以降なら、「デザイン」→「ページ設定」から「スライドのサイズ指定」を「ユーザー設定」

用紙の設定

「幅」、「高さ」に、仕上がりサイズに上下左右にそれぞれ塗り足し分3mmを足したサイズを設定してください。

例)A4サイズの場合(仕上がりサイズ:210×297mm)
幅 :21.0cm+左右3mmずつ足したサイズ → 21.6cm
高さ:29.7cm+上下3mmずつ足したサイズ → 30.3cm

使用する画像の解像度は原寸サイズで300dpiを推奨しています。それ以下でも印刷は可能ですが、印刷時にはかなり粗く仕上がります。

※透過画像(背景が透ける様な画像)はうまく変換することができません。

※解像度が推奨より低ければ低いほど、画質が粗く印刷されます。また、もともと解像度の低い画像の画質を上げることはできません。

  • 細めの点線は、実線または不規則な表現になってしまうことがあります。
  • 0.3pt未満の細い線は使用しないでください。線がかすれる恐れがあります。
  • 線の設定で「パターン」を使用している場合、線が消える恐れがあります。
  • 必ずデータ見本(スクリーンショット)を、officeデータと一緒に入稿してください。

Officeデータ入稿のチェックリスト

必ずチェック!必須項目リスト

データの不備があると、印刷工程に進むことが出来きません。データの修正と再入稿をしていただくことになります。
状況によっては、納期延長・料金変更となる場合もあります。Office系アプリケーションでデータ入稿する方は、ご入稿前に以下の項目に必ず目を通してください。

アプリケーション名・バージョンについて
作成したデータが「ご入稿可能なOfficeデータについて」のアプリケーション名および対応可能バージョンに合致しているか、確認してください。
用紙サイズについて
作成したデータの用紙サイズは、ご注文の商品と同じサイズで作成していますか?
カラーについて
RGB(モニターの色)とCMYK(印刷物の色)の違いがあるため、一部再現できない色がありますが、よろしいですか?
モノクロ(グレースケール)データについて
モノクロ印刷データに、カラーデータが含まれていませんか?
書体(フォント)について
当社対応フォント以外のフォントが含まれていませんか?
スクリーンショット(見本)
データと一緒に入稿していただくスクリーンショット(見本)を準備していますか?
特殊効果について
透過(半透明)処理、パターン効果、ワードアートや、影・ぼかし・透かしを使用していませんか?
塗り足し・文字切れについて
フチ無し印刷をしたいデータの場合、仕上がりサイズより3mm大きいサイズで作成していますか?
文字やロゴ・画像等は、仕上がりサイズより内側3mm以内に配置していますか?
画像の解像度・配置について
使用している画像の解像度は300dpi以上ですか? 透過画像ではありませんか?
上記2つのいずれに該当しても印刷は可能ですが、粗が見える・キレイに変換されない恐れがありますが、宜しいですか?
Excelの体裁崩れ
Excelでは画面表示と印刷プレビューの表示が大きく異なる場合があります。「ページ設定」にて印刷範囲を調節し、必ず「印刷プレビュー」で体裁をご確認していますか?

ご注文とお問い合わせをお待ちしております

営業日カレンダー

2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031